CFDを始める前に知っておきたいこと

CFDは投機と言われています。

 

投資とは違ってファンダメンタルズ分析よりも、チャート分析をすることの方が重要です。

 

もちろん、全くファンダメンタルズ分析が必要ないと言うわけではありません。
ただ、チャート分析に時間を割くのが基本です。

 

CFDは取引対象が広いですが、何を取引するにしても守りたいことがあります。
新規注文と同時にロスカット注文を入れておきましょう。

 

とくに、初心者はこれを徹底することです。

 

含み損を抱えると、いつか戻るだろうと言う希望を抱く人はたくさんいます。
確かに、持ち続ければいつかはプラスへ転換するでしょう。

 

しかし、含み損を抱えるより、損切りして新たなチャンスに乗る方がリスクは低いです。損切りができず、資金が底をついたと言う人は大勢います。

 

また、デイトレやスキャルピングと言った短期取引を行う人が多いです。

 

その際、チャートは5分足や10分足しか見ないと言う人がいますが、それはやめたほうがいいでしょう。

 

短期取引でも、日足など時間軸の長いチャートを見ることが基本です。

 

5分足や10分足が上昇トレンドでも、日足で見れば下降トレンドと言うことがあります。
時間軸の長い足から分析していきましょう。