CFDでな何の取引ができるの?

CFDを説明する前に投資の違いを見てみましょう。

 

株式投資の場合ある程度大量な資金が必要になります。簡単に手が出せる物ではありません。
そして必ず買いから入らなければいけない事も、またデメリットでしょう。下げている相場であればチャンスはありません。

 

そして取引時間も決まっているため、海外の時間に経済指標が出た場合翌日まで待たなければいけないこともデメリットになります。

 

ではFXの場合どうでしょう。FXであれば為替のみの取引になります。

 

しかし株式投資と違って小額で取引できること、いわゆるレバレッジを利用できることは有利になるでしょう。
しかも24時間動き続けているため、仕事が終わってからでも取引可能なところはメリットになります。

 

ではCFDとは何か。投資スタイルはFX同様でレバレッジえお利かせる事ができ、さらに24時間動き続けています。

 

FXとの違いは為替取引ではなく、個別株銘柄これは国内海外どちらもあります。それから株式指数これも国内海外問わず、国債やコモディティといわれる金や銀などの商品まで取引が可能なことです。

 

これら全ての、買いからでも売りからでも取引ができるという、まさに願ったり叶ったりの投資です。
小額からできるので一度試してみてはどうでしょう。